番外編:BGMとしてのジャズ

ジャズはもちろん聴きこみ楽しむ音楽ではありますが、しかしBGMとして使用するとその場のムードを上品に、そして大人の空間にする効果があるのは理解いただけると思います。洒落たバーなどに行くとジャズが掛かっていること多いですよね。そう、ジャズには色々な利用方法があるのです。 スロットゲームのBGMとして オンラインカジノで遊べるスロットゲームのBGMにも、よくジャズ調の曲が使用されています。これもジャズの持つ多様性をよく表していて、スロットのような淡々と進行していくゲームのBGMにジャズはピッタリなのです。もしその効果を実際に経験してみたいのでしたら、こちらのラッキーニッキーカジノhttps://luckynikicasino.com/で探してみて下さい。かなりの数のラインナップを誇るこのカジノなら、きっとすぐに見つかると思いますよ。 ...Read More

三大ジャズ・フェスその3

モントルー・ジャズフェスティバル 少しややこしいのですが、カリフォルニア州モントレーではなく、スイスのレマン湖畔「モントルー」で開催されるジャズ・フェスティバルがモントルー・ジャズフェスティバルです。間違えやすいのでご注意下さい。このフェスティバルは1967年に始まり、ジャズと銘打っていますが、現在はロックからレゲエまで幅広いジャンルのアーティストが出場する総合的な音楽フェスティバルとなっています。 ヨーロッパ最大のジャズ・フェスティバル 期間はなんと16日間にも及び、総来場者数は20万人にも達するこのモントルー・ジャズフェスティバル。ヨーロッパでは最大、世界でもカナダのモントリオール国際ジャズフェスティバルに次ぐ2番目の規模のフェスティバルです。 ...Read More

三大ジャズ・フェスその2

モントレー・ジャズフェスティバル 世界三大ジャズ・フェスティバルで2番目に古いのがこのモントレー・ジャズフェスティバルです。始まったのは1958年、場所はサンフランシスコから車で3時間ほど南下した海沿いの町、カリフォルニア州モントレーになります。日本の石川県七尾市はこの町と姉妹都市であり、その縁で世界で唯一、このモントレーの名を冠したフェスティバルを7月に開催しています。本家の方は9月開催です。 3日間の盛大なフェスティバル ジャズ・タイムズ誌が「全米、そして世界の宝」と称したと言われるこのモントレー・ジャズフェスティバル。3日間に渡り行われ、500組にも上るアーティストが出場し、8つものステージで人々を楽しませます。歴史的にも錚々たるメンバーが出場した盛大なフェスティバルなのです。 ...Read More

三大ジャズ・フェスその1

ニューポート・ジャズフェスティバル 世界三大ジャズ・フェスティバル、最初にご紹介するのは、このニューポート・ジャズフェスティバルです。日本でも斑尾高原で姉妹フェスが行われていたこともあるので、ご存じの方も多いでしょう。 ジャズフェスの草分け 始まりは1954年。三大ジャズ・フェスティバルの中で一番古い歴史を誇ります。開催地はニューヨーク・シティから車で3,4時間のロードアイランド州ニューポート。ニューヨーカーの避暑地として有名な土地であり、そしてそのニューポートで毎年8月このフェスティバルは行われます。マイルス・デイヴィスやセロニアス・モンクのような伝説的なミュージシャンがかつては演奏を行い、また1958年のフェスティバルは映画「真夏の夜のジャズ」として映画化されています。 ...Read More

セロニアス・モンク

「ラウンド・ミッドナイト」の生みの親 マイルス・デイヴィスも演奏したあの名曲「ラウンド・ミッドナイト」の作者としてその名をよく知られるセロニアス・モンク。彼はジャズの改革者であり、それ故に現代でも多くの人を惹きつけています。元々ジャズ喫茶のオーナーでもあった作家の村上春樹は、セロニアス・モンクについてのエッセイ集「セロニアス・モンクのいた風景」を上梓していますし、俳優で映画監督のクリント・イーストウッドは、モンクのドキュメンタリー映画「ストレート・ノー・チェイサー」を制作しています。 謎の男 そんなモンクですが、その人生は多くの謎に包まれています。彼の音楽が世に知られるようになったのは30代後半からですし、晩年は躁うつ病を患い、隠遁生活を送っていたからです。 ...Read More

ルイ・アームストロング

「サッチモ」と呼ばれた男 おそらくジャズに興味が無い人でも「この素晴らしき世界」という歌を聞いたことがあるに違いありません。その野太く、擦れた、しかしとても優しい歌声は、一度聴いたら忘れられません。この歌声の持ち主こそがルイ・アームストロング、「サッチモ」と呼ばれ愛された男です。 ビートルズを止めた男 トランペット奏者としても超一流の腕前だったルイ・アームストロングでしたが、彼を更なる成功に導き、後世にその名を広く残すことになったのは、その歌声でした。1964年に14週に及びビルボード全米チャートに君臨していたザ・ビートルズを追い落とし、1位の座を奪ったのが彼が歌う「ハロー・ドリー」だったのです。そして1967年に発表された「この素晴らしき世界」で、彼の名声はまさしく不変のものとなりました。 ...Read More

ジョン・コルトレーン

モダン・ジャズの巨人 モダン・ジャズとは1940年代に成立した即興演奏を取り入れたビバップから、1960年代にマイルス・デイヴィスがエレクトリック化するまでのジャズの総称です。多くの素晴らしいジャズプレイヤーを生み出したこの時代にあって「モダン・ジャズの巨人」と呼ばれるほどの評価を受けることになるサックス奏者がいました。それがジョン・コルトレーンです。 ドラッグ依存を越えて とはいえ彼はすんなりと名声を勝ち取ったわけではありませんでした。薬物やアルコールの問題を抱えていたため、ジャズに集中することが出来なかったのです。しかし30歳を過ぎ、ドラッグ依存を抜け出すとその才能は爆発します。それ以降革新的な即興スタイルと意欲的な制作意欲で、数多の優れた作品を世に送り出して行くのです。 ...Read More

マイルス・デイヴィス

マイルス・デイヴィスという音楽 ジャズに詳しくない人でも音楽ファンであれば、マイルス・デイヴィスという名前を知っているかと思います。このことは、彼がジャズというジャンルを超えた存在であるということを如実に表しています。彼自身も言っているように、彼の音楽はジャズではなく「マイルス・デイヴィスという音楽」だったのです。 フュージョンへ マイルス・デイヴィスがジャズの枠からはみ出始めたのは、彼が1968年に発表した「マイルス・イン・ザ・スカイ」からでした。このアルバムで彼はエレクトリックピアノとエレクトリックギターという電子楽器を使用します。これが後の「イン・ア・サイレント・ウェイ」、「ビッチェズ・ブリュー」へと繋がり、そしてフュージョンというジャンルが生まれるのです。 ...Read More