ルイ・アームストロング

「サッチモ」と呼ばれた男

おそらくジャズに興味が無い人でも「この素晴らしき世界」という歌を聞いたことがあるに違いありません。その野太く、擦れた、しかしとても優しい歌声は、一度聴いたら忘れられません。この歌声の持ち主こそがルイ・アームストロング、「サッチモ」と呼ばれ愛された男です。

ビートルズを止めた男

トランペット奏者としても超一流の腕前だったルイ・アームストロングでしたが、彼を更なる成功に導き、後世にその名を広く残すことになったのは、その歌声でした。1964年に14週に及びビルボード全米チャートに君臨していたザ・ビートルズを追い落とし、1位の座を奪ったのが彼が歌う「ハロー・ドリー」だったのです。そして1967年に発表された「この素晴らしき世界」で、彼の名声はまさしく不変のものとなりました。